この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて!~不倫SEX、火遊びの代償

この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて!~不倫SEX、火遊びの代償【フルカラー】 2話 肌に触るだけだから…オヤジの罠にハメられて

画像タッチ↓で【この私が】で検索で無料立ち読み!

第2話ではおくさんとこのおじさんが何故ラブホテルに行くことになったのかが明らかになる

こんなきたないしょぼくれたおじさんでも必死で頼めば綺麗なおくさんがやらしてくれる可能性があると言うことなのかもしれません

このおじさんは本当は結構遊んでてセックスにも自信があるんだろうけど
おそらく普通にお金は持ってない

こんなおじさんが結構女慣れしててどうやらばおくさんをホテルに誘い込むことが出来るのかまでシナリオを考えて
の土下座なりインポ発言なのでしょう

おそらくこのオジサンはインポじゃないですし
女の人と話すのが久し振りとかはウソっぽいですよね
おくさんの強気なキャラや自分のキャラからいくと
インポで女性にもまったくモテないキャラの方がこの奥さんをラブホに誘えると考えてのキャラ設定だと思います

おじさんは狙った獲物は逃さないナンパ師の可能性が高いですね

おじさんはこんなセックスしたら気持ちよさそうな美人妻を逃す訳にはいかないと本気になっておくさんを口説きにかかってる感じですね

それにはちょっとかっこつけたキャラよりも情けないおじさんを演じて同情をかってホテルに誘ったほうが勝算が高いと感じたのだと思います

それが時折見せるおじさんのニヤっとした不敵な笑みにでてますね

もうこの奥さんはこのおじさんの獲物になってしまったから逃げられないですね

おじさんに朝までイカされまくる確定です

おじさんはまんまと朝までセックス出来る最高のご馳走を手に入れた感じですね

ここまでの美人妻このオジサンといえどもなかなかありつけないでしょうからね

インポどころかもうち〇ぽギンギンなはずですよ

でもそんなち〇ぽギンギンなそぶりを見せないのもこのオジサンの秀逸な作戦でもあると思います

おじさんの罠にはまり
まんまとラブホに脚を運んだおくさん
今から数年ぶりにセックスで感じてしかもイカされまくるとはまだ思ってないでしょうね

画像タッチ↓で【この私が】で検索で無料立ち読み!

1つ前の第1話のネタバレ記事を読みたい方はこちら

1話 もうやめて…!火遊びの不倫SEXで陥落する生意気人妻

この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて!~不倫SEX、火遊びの代償【フルカラー】
2話 肌に触るだけだから…オヤジの罠にハメられて ネタバレ

私…
そんな事
言ってません
けど
(焦った感じで否定するおくさん)

わ…私は
止めましたよ
そんな個人的な事
お話していいんですかって
ですが
おくさんが…
ダンナとは
もう…
3年も
…してない…って

(うそ
私…
そんな事を
こんな男に…)
まさに手に汗を握っている奥さん

(やだ私
そうとう
飲みすぎた…
それもこれも
あんたの話が
つまらなさすぎるから
飲むしか…)

帰ります
(ガタッと席を立つおくさん)

(サイアク
…このセクハラ
クソオヤジ)

ーあ
(飲みすぎたせいか
くらぁ…と立ち眩みするおくさん
ガククと膝から崩れ落ちる
やば
ゴトッとスマホも落とす)

だ 大丈夫ですか
(おじさんは倒れ掛かったおくさんの体を支えて助けるが…
腕が思いっきり胸の下に入り込みおっぱいを触っている感じ)

(おっぱいを手の平で少し刺激されている)
く…に…

く…
にぃ…

……
セックスれすの
人妻となら
できると
思った?
(残念そうに俯き加減で)
ゴミ
オヤジ…


(おじさんはそう言われて少し申し訳なさそうな顔)

申し訳
ございません
(おじさんはスッと土下座をして謝る)

(急な土下座に驚く表情のおくさん)

下心が無かったと
言われれば
ウソになります
けど
おくさんとお話して
いる内に…その
こんな素敵な人が
自分の奥さんだったら
…って
だから…その
…もし
叶うならば
おくさんと
一晩…

バカにしないで
私には夫が


勃たないんです

(周りの客に聞こえてワハハワハハハと笑い声が聞こえる)

もう10年以上前から
仕事のストレスで…
それから女性とは
ほとんど…
…でも
今日…
おくさんと
お会いできて
おくさんが
あまりにもおキレイ
なので
どうしても
その肌に
触れて
…みたくて

私の…
肌に…

こんなしょぼくれた
ゴミの様な男の私に
どうか
どうか
おくさんの肌に
触れるチャンスを…
お願いします
お願いします

うわ
みたかよ!?
土下座!
アハハハ
(周りの話かい客に見られて笑い声が聞こえる)

あ…頭上げて
下さい

触れている
最中
触れている
最中…
少しでも
嫌だ…と
思ったら
その時点で
止めますから
どうか
おくさん



(こんなに
必死に求められたの
久し振り
…かも…
夫はもう
手すら
さわって
くれないのに…)

うつむいて考えるおくさん

…いい大人が
みっともない

(ビク!!!として)
はい

どうしてもって
…いうなら
仕方なく
…よ

(おじさんはこの言葉を聞いて少し信じられないといったような表情を見せる)

ありがとう
ございます
ありがとう
ございます
(おじさんはうれしそうな顔でぺこぺこと土下座して喜んでいる)

おくさんはあまりにもおじさんがぺこぺこと土下座して喜んでいるので少し恥ずかしそうにしながら
ポリポリと頬を掻いて情けないオヤジと思っている

俯いてに…いとにやけるおじさん

ホテルに移動して

…さっき
うっかり
言っちゃったけど
私…
全く
…感じないから
(おくさんはベッドに座って下着姿で言う)

だから
いくら触った所で
反応が無いから
それでも
いいわね…

はい
はい
私は
おくさんの肌に
触れられれば
それで十分
です
では
失礼…します

おじさんはおくさんのすねのあたりから触りだす
そして膝から太もものあたりを触る

う…わ
すべすべ
ですね
きもち…
いい…です

…よかったわね
(…感じない)

旦那と最後にセックスをした時を思い出しての回想

(夫と…
最後にした時も
全然…
お互い
すれ違い
ばかりで
もう
冷めきっていたから)

旦那
…雪菜
今日は…
イった…?


うん

(夫にウソを
ついた…)

回想おわり

(あの日から
全然感じなく
なったんだよね)

スリスリとおこさんの後ろから胸あたりを触るおじさん

(あれから
もう
3年か…
あたし…
こんな所で
何やってん
だろ…
ハァ…)

にいっと不敵に笑うおじさん

おじさんはブラの上から乳首のあたりを刺激する

く…
にゅう…

刺激を感じるおくさん

気持ちいいのか
少し顔が赤くなる

え…
ちょ…
胸に…っ

第3話につづく!

第3話のネタバレ記事を読みたい方はこちら

3話 暴かれたカラダ、この私がイかされるなんて…

画像タッチ↓で【この私が】で検索で無料立ち読み!